QLOOKアクセス解析

度肝を抜かれた「アパッチ野球軍」

お勧め商品レビュー、漫画・自転車・独り言・自分が見たい動画紹介などを勝手気ままに書き連ねます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログ
FC2 Blog Ranking



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

度肝を抜かれた「アパッチ野球軍」 

TVで放映されてたのは1971年10/6から72年3/29までで、全26話が放映されたそうです。

(原作漫画は週刊少年キングの1970年35号から1972年26号に連載)


リアルタイムで見てはいませんでしたし、見ていた内容についてもはっきり覚えている訳じゃありません。

しかし、インパクトのあるアニメであったことだけは確かです。


「エースの条件」という漫画の後日譚が「アパッチ野球軍」でしたが、両作とも原案には花登筐氏が関わっていたため、氏の描く、成り上がりど根性+奇天烈な登場人物路線が強烈でした。



70年代のアニメには、今と違って貧乏な生活や生活困窮者、身体が不自由な人、孤児、公害問題などが多く取り上げられていましたが、この漫画(アニメ)も超過疎で閉鎖的な村へ主人公が野球を教えに行き、個性的な登場人物(木こりの息子や飯場に住む子供達等)とぶつかり合っていくストーリーでした。



超過疎の村で、ダム工事の人夫の子供達と言うだけで、現在でしたら放映が不可能な設定でしたが、当時はこのくらいの設定は不思議とは思わなかったし、差別に当たるとも思っていませんでしたね。

世の中全体がまだ、貧乏で不自由な時代だったんでしょう。


野球軍と言うタイトルが付いてますが、野球が主題の漫画ではなかったと記憶しています。

野球を教えて最終的には野球の試合をしますが、そこまでの道程というか過程が凄まじかった記憶があります。

数年前に、原作単行本が復刊され、アニメ版もDVDとして限定生産されましたが、その際に現在では不適切と思われる表現なども、そのまま収録したらしいですね。



作品自体のオリジナリティーを保つには、表現や描画に手を加えるべきでないと思ってるので、入手し損なったDVDを現在探してますが、市場に中々出てきませんね。


↓、アパッチ野球軍OP&ED



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログ
FC2 Blog Ranking



[ 2009/07/18 16:31 ] 懐かしのアニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












ランキングエリア
応援お願いします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ blogram投票ボタン

おきてがみ
相互リンクサイト募集中
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
暇つぶし投票
投票にご協力下さいませ。
投票が多数集まり次第、集計しブログにて結果を発表させて頂きます。
月別アーカイブ
M
SAMURAI
Ping送信プラス


戯れ言別館
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。